2020年11月24日

学生団体『WAKA×YAMA』と行政のディスカッションに参加。

学生団体『WAKA×YAMA』と行政(県)のディスカッションが行われ、玉木県議と共に参加致しました。

私は過去、令和元年9月 和歌山県議会定例会の一般質問において、和歌山県における『自殺対策』について、質問させて頂きましたが、その後、玉木議員(有田市選出)と共に、この問題について取組を 進めて参りました。

本年9月21日、和歌山JAビルにて開催された学生団体WAKA×YAMA主催のシンポジウムにも、二人で参加させて頂きました。

学生団体WAKA×YAMAとは、2018年5月和歌山にゆかりのある学生が集い創設され、和歌山県において不条理な生きづらさをなくすため様々な活動に励むメンバー16名の団体です。

気候もよく温かい人が多い和歌山でなぜ、自殺しなければならないほどに苦しむ人が多いのだろう。
私たちが生まれ育った和歌山県で、幸せに暮らせる人を増やしたい。
そんな思いで、学生たちも、そして私たちも頑張っています。



Posted by 山下直也 at 20:58